畳(イ草・い草・いぐさ・イグサ)の質へのこだわり

畳(イ草・い草・いぐさ・イグサ)の質へのこだわり 畳は畳床・畳表・畳縁からできていますが、最も大切でこだわりたい部分は、イ草で編まれた畳表です。 直接肌に触れ安全で健康な事はもちろん、肌触りや香り心地よさもこの畳表で決まります。 畳表はい草の産地や生産者によって大きく品質が違ってきます。畳匠こまつやはお客様が求められる ニーズを常にイ草の農家生産者と畳表の生産者とタッグを組んで、お客様のご要望にお応えできように 質の高い畳表をお届けできるように励んでいます。

畳匠こまつやは質にこだわり、国産畳表だけを取り扱っています。

国産畳表へのこだわり 国産畳表にこだわり外国産畳表を使用しない理由は、はっきりとしています。国産なら5年~10年と 長く使って頂ける畳ですが、外国産はすぐに傷んでしまいます。もちろん、畳の使用頻度やお部屋の環境等に より長持ち度合いはかわりますが、使っていくとやはり大きな差ができてきます。それはい草(イ草・いぐさ・イグサ)の 質や乾燥の進み具合が違うからです。結局、日本で作られたイ草が日本の風土に合っているからです。 外国産が安い理由もそこにありますが、良いものを長く使って頂くことで、安心安全で、良質な国産の方が、 結局は安くなるのです。質が高く良い香りのする日本の畳表は日本の気候に最適なのです。